<< 絞りだしココアクッキー    thank you for mama >>

くうねるあそぶろぐ
by joliejolly
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
joliejolly

リンクフリーです。
コメントはお気軽にどうぞ。

メイルはこちらまで。

このブログの写真・テキストの無断転載はお断りします。
(c) 2007-13 joliejolly.
All rights reserved.


手作りのジャムとぶさいくなスコーン
拝啓、皆々様。
e0109270_151462.jpg

先日、ジョリ母より手作りのジャムをもらってから、ずーっとスコーンを焼こうと心に決めておりました。




しかし、思い描いていたスコーンとは違うぶっさいくなものになってしまったわけですが。
e0109270_15497.jpg

手作りのおいしい甘酸っぱいイチゴジャムに救われて、あっというまに食べてしまいました。

しかし、わりと本のとおりにしたつもりなのに、なぜこうも失敗するのかしらね。
私が思い描いていたスコーンはアフタヌーンティーのスコーンなのにさ。
(ま、そんなに簡単にうまく焼けるわけがないのはわかっとるっちゃけどね。)

なぜに、アフタヌーンティーかっていうと、初めてスコーンとやらを食べたのがアフタヌーンティーでだったからという単純な理由で。
社会人になってから、ちょっとしてくらいのときに、仕事帰りに先輩と立ち寄ったのがアフタヌーンティーだったのです。そこで初めてスコーンを食べたわけですよ。
生クリームとジャムたっぷりの焼きたてのスコーン。
すっごいおいしかったイメージがあるのです。(実際うまいんだけどさ)

それまでは、スコーンといえば、「かりっとさくっとおいしいスコーン!」って某(?)スナック菓子のイメージしかないし、カフェに行ってもケーキとかしか頼まないし、いわゆる無縁ってやつだったわけです。なんか地味っぽいし(笑)。

まあ、今でもそんなに食べるわけではないし、前に一度作ったときも失敗したし、しばらく小池屋のスコーンにばっかりお世話になっていたわけですが(スナック菓子好き)、イチゴジャムがあるのならばスコーンを焼かなければと思ったわけだったのです。

今回はヨーグルトのスコーンだったんですが、見てくれはともかく、ヨーグルトの爽やかな酸味とイチゴジャムはかなり合うなあと実感。

ま、また気が向いたら焼こうかな。

敬具
[PR]
by joliejolly | 2008-05-13 15:31
<< 絞りだしココアクッキー thank you for mama >>


以前の記事
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
記事ランキング
画像一覧